あなたが胎児だった頃に

その心臓を食べておけばよかった。

あなたを、僕の体内に宿すことが出来たなら

どんなに幸せだったろう。







蝉が鳴いてる。



あの煩い羽根を、もぎ取って、

叫びたくても叫べないようにしてあげたいです、よ。




生命の輝きって、なんだろう。
僕にはわからない。



いつまで生きていれば、あなたと一つになれるのか。





「死のうよ。」

心中なんかで救われるなら

そんなものを信じて終われるのなら

「ねぇシノブ、死のうよ。」

シノブは分厚い本を熟読するふりをして、僕の言葉には答えない。
たまに反応したかと思うと

「・・・死ぬ?ふざけるな」

「本気だよ。僕たち、死のうよ。だって約束したじゃないか。」

「いい加減にしろ。お前の話は聞き飽きた。うんざりだ。」

その、わざとらしく拡げている本、ちっとも読んでいないの、知ってる。
頁が変わっていない。
よく眺めていられるよ、そんな、小さい字がぎっしりの、真っ黒い頁。
まるで・・・

「烏の大群に喰われているみたいだ、」
溜め息一つ吐いて、黒い頁に顔を埋めたあなたの、頬にかかる黒髪が綺麗。

「気が狂いそうになるんだ・・・」

感じていることは、僕と一緒。

苦しいなら、死ねばいいのに。

「だから今夜、死のうよ僕たち。」

「俺は遠慮しておく。・・・もう、早く寝ようぜ、今日は。」

「・・・」

「なあ、アカツキ。ちょっと、俺の顔、真正面から見てくれ。」

「・・・どうして?」

「お前の顔を、ずっと見ていたい気分なんだ」

「どうしたの急に。今まで無視してたくせにさ、・・・」

シノブは僕を見据えて、素早い動作で唇を重ねてきた。

彼の唇は切れているのか、生温い血液の味がした。

僕の髪を、

僕の頬を、

僕の肩を、背中を、首筋を、

心臓のある部分を、優しく撫でてくれるから、

堪え切れなくて涙を零した。

僕の嗚咽にかまわず、シノブは愛撫を繰り返す。





あなたが胎児だった頃、

僕は満天の星空を夢見て、

空高く飛ぶ列車に憧れて、

あなたと何処までも一緒に、此岸も彼岸も乗り越えて

ずっとずっと遠くまで、泳いでいけると思っていた。



心中を夢見たのは、春の午睡のように穏やかな心

一掬(すく)いの希望

あなたと魂を一つにするための。




死想少年
inserted by FC2 system